FF5キャラ語り

 FF5のキャラクターについて語ってみたくなったので、こんなコーナーを設けてみました。思いっきりFairyの価値観で好き放題書いていますし、カップリングや取扱いジャンル傾向から見ても分かるようにキャラの贔屓があります。これを見たからといって、苦情は受け付けません。それでも大丈夫! という人だけ続きを読んで下さい。


バッツ

 ずばり、1番好きなキャラ。ぶっきらぼうで、でも優しくて仲間思い。3枚目だったり気障だったりするところもいい。自由を愛する永遠の旅人、まさに風そのもののよう。バッツは初プレイの時から惹かれるものがありました。彼がいなかったらここまでFF5にハマらなかっただろう………。

 私的バッツ(現在編)。うちのバッツは知っての通り、大胆でストレート(殊にバツファリでは)。世間では影の薄い主人公だとか囁かれているけれど、うちのバッツにはそんな素振りは全く、ないです。熱血キャラだし。ちなみにジョブ傾向は戦士系。中でもナイトが1番多い。

 私的バッツ(幼少期編)。子供の割には物分かりがよく、親から見れば俗に言う『手のかからない子供』でした。でもそれはステラが早いうちに死んでしまったことや、その後、ずっと旅を続けていたことが原因。Fairy的にはだからバッツはあまり甘え方を知らない方だと思います。周りに気を配れるのも、小さい頃の苦労から来ているのだと考えています。

ファリス

 バッツと並んで好きなキャラ。女海賊で実は王女様っていう設定がツボですvvv 普段は男っぽくて、でもたまに見せる女らしさがまたいい。そこが普通の女性キャラとは違うところであり、ファリスらしいところだとFairyは考えています。

 私的ファリス。うちのファリスは世間一般のファリスよりは幾分素直な気がします。それは単にFairyの文才がなくてファリスらしく描写できないだけなのですが( ̄ー ̄; ヒヤリ ジョブ傾向は戦士系とシーフ。魔法剣士が………vvv

レナ

 ファリス&お父様大好きっ子(笑)王女様といえども、武術に長けていて勇敢です。とっても優しいし。でも、正直Fairyは苦手なキャラです。きっと出会い方が悪かったのかもしれない。まだFF5歴が短く、サイトも持っていない頃にどっかで見た小説でバッツとレナがファリスを取り合っているシーン───いわゆるライバル争いってやつ。そこまでなら別にいいんだけど、そのレナが腹黒かった(汗)以来、どうも苦手なキャラに………。いい子なんですけどね。

 私的レナ。ガラフやクルルと一緒になってバッツとファリスをくっつけようと必死になっている。ジョブ傾向は魔法使い系。

ガラフ

 よいおじいちゃんです。ムードメーカーであり、時たま出る切れ味のよい台詞はやはり年の功でしょうかね。最初の頃はあまり意識していなかったキャラなんですけど、2度3度プレイしていくと、そのよさがだんだんと分かるようになってきました。バル城城主だと知った時にはバッツと同じで王様に見えない、と思ったりも………(笑)

 私的ガラフ(現在編)。性格とかはほぼ上記の通り。ジョブ傾向は魔法使い系。特に赤・白・時が多い。余談ですが、白はガン○ルフみたいだと、Fairyはよく思っています。

 私的ガラフ(暁の四戦士編)。暁の四戦士のリーダー。剣もそれなりに強く、白魔法と時空魔法の2つが使えるという設定。白魔法はさておき、時空魔法はガラフにとって外せない魔法。バル城でテレポの魔法を入手できるしね。遊び好きで、公務ほったらかしな王様(ぉぃ)そのため、ゼザとケルガーはガラフに振り回されてばかりです。

クルル

 第1印象は………特にこれといってなかったかな。よくもなく悪くもなく。それは今でもあまり変わっていないような気がします。

 私的クルル。ませてる子供。それから人の心を読むのが上手い、という感じ。ガラフが死んでからは、辛いのを無理して戦っていて、そして平和が訪れても彼女は女王として人々の上に立たなければいけないなんて過酷過ぎますよね、14歳の女の子に、ですよ。ジョブの傾向はガラフと同じで魔法使い系が多いです。あとは狩人。動物と会話できるからね。

ドルガン

 かっこいい親父ですね。バッツの影にはこの人あり! っていう。俺はここに残る、って言ってみんなと別れるところとかも好きです。痺れますvvv

 私的ドルガン。暁の四戦士では1番剣技が冴えるキャラクターだと考えています。魔法は使えないけれど、その分剣技なら滅茶苦茶に強い。性格は基本的にバッツと似ているかな。親子だしね。

ステラ

 最初は特に意識していなかったキャラです。ただ、薄幸な人だな〜、ってぐらい。それが今ではもうバッツやファリスに負けないぐらい好きなキャラになりました。ゲームに出てくる時間はトータルで3分ぐらいしかありませんが、その分彼女のことを色々想像できるので楽しいです。

 私的ステラ。ステラに関しては上記の通り、殆ど私的設定ばかりですね。ドルガンと初めて出逢った頃には母親が健在でした。

ゼザ

 バリアの塔の動力室での最後のシーンが凄く印象にあります。それから船上での優秀な指揮官のイメージです。ガラフとは、相当仲がよかったんだろうな〜。

 私的ゼザ。暁の四戦士の作戦参謀。パーティのブレーンっていうやつです。剣術もさることながら黒魔法、白魔法の2つが使えます。更には魔法剣まで! ちなみにゼザが魔法剣を使う時は本気の時です。

ケルガー

 ウェアウルフってオオカミだよなぁ〜、ぐらいしか最初は印象になかったなぁ(汗)彼についてはゲームよりも色々暁小説を読んでからの印象が多いです。血気盛んなところとか。

 私的ケルガー。公式設定とは異なり、剣は使いません。素早さで相手を翻弄し、秘技ルパインアタックで敵を仕留める。暁の四戦士ではドルガンと並んでパーティの前衛を担います。

シド

 シドはFFで毎度お馴染みのキャラですね。Fairyが初めてやったFFは5で、その後4、6、3(途中まで)、1(途中まで)、8と続きますが、シドはやはり、5か4ですね。未プレイですが、7のシドも好き。お馴染みといえば、飛空挺と切っても切れない関係にあることが多いのもそうですよね。孫のミドとの掛け合いがいいなぁ〜、と思いました。

ミド

 シドを励ましたり、ちょこまか動いたりと何かと印象に残るキャラクターだと思います。やはり、ゆくゆくは祖父のシドと同じ道を目指すんだろうなぁ〜。

タイクーン王(アレクサンダー)

 竜騎士の末裔、っていう公式設定を見た時にやはり王様といえど、前面で戦ったりしたのかな、と。ちなみにその頃のタイクーン王は先代であり、現在のタイクーン王の父親です。戦争いっぱいやっていたみたいだしね。レナのこと、とてもよく可愛がっていたんだろうな〜。

ギード

 バッツとまんま同じ。最初のプレイではやはり、賢者がカメだったとは! です(笑)エクスデスとも対等に渡り合える凄い人でもあります。あ、人じゃないか(笑)

ギルガメッシュ

 バッツのよきライバルですよね〜。最後のシーンの光の戦士へそれぞれ言葉を投げるところが1番印象にあります。そう、バッツと1対1で決闘することとファリスに好きなやつでも作って女らしくしろ、ってやつね。どちらも小説に絡めていつか書きたいなぁ〜、と。バツファリでギル→ファリみたいなやつをね。

エクスデス

 極悪人ですよね〜、ゲームでは。でも不思議とあんまり嫌いなキャラじゃないんだよなぁ。世間一般の小説でも色んな意味でスパイスみたいな役割してるし。

inserted by FC2 system